性病に感染しないために|HIV検査による感染拡大防止

女医

性病の症状

ドクター

性病というのは、日常生活において発生する不安要素の一つです。こういった不安は性病検査を受けることで解消することができますが、性病検査は他の病気の検査よりも受けに行き辛いといった人が多くいるでしょう。しかし、実際に性病に感染していた場合には早急な検査が必要となります。ここでは、性病に感染している際にみられる症状について知りましょう。そうすることで、性病検査を受けた方が良いと改めて考えることができるはずです。
性病には様々なものがありますが、性病の一つである症状に性器の腫れがあげられます。性器の腫れというのは、梅毒やヘルペスといった性病に感染している際にみられる症状です。梅毒やヘルペスは性病検査を受けることで投薬治療を行うことが可能で、梅毒に関しては治りますがヘルペスに関しては症状を抑えることしかできません。しかし、ヘルペスは投薬治療を行なわなかった場合に激しい痛みを伴う可能性があるので、性病検査と治療が必要なのです。性器がかゆいといった症状であれば、性器カンジダやクラミジアに感染している可能性があります。特に、クラミジアに感染している場合には他の性病にも掛かりやすくなりため、早期の治療が大切です。また、クラミジアの症状では尿道への違和感や排尿時の痛みも伴います。これらの様々な症状に関して、心当たりがある人がいればお近くの保健所または保健センターでの性病検査を受けることをおすすめします。